ファインオキサーの電解水の特徴

  • ホーム
  • サイトマップ

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大

お気軽にお問い合わせください。TEL:046-870-6812

メールでのお問い合わせはこちら

ホーム > ファインオキサーの電解水の特徴

一般の電解水と無縁タイプの電解水の違いとは?

一般の電解水は

水に塩化ナトリウムを加えて電気分解すると、強酸性電解水(次亜塩素酸水)と強アルカリ性電解水が同時に生成されます。強酸性電解水(次亜塩素酸水)は、有効塩素の働きにより強い殺菌力を発揮します。また、強アルカリ性電解水は、細菌の温床となるタンパク質を融解し、汚れを洗い落とす効果を持ちます。

強酸性電解水(次亜塩素酸水) 有効塩素20~60ppm(mg/kg)、pH2.7以下
強アルカリ性電解水 pH11.0以上

ファインオキサーの無塩タイプ電解水とは?

従来の電解水は中間を隔膜で仕切られた電解槽で、少量の塩分を含む水を電気分解させ、陽極室で生成した水を強酸性電解水、陰極室で生成した水を強アルカリ水と称します。強酸性水は次亜塩素酸を含む殺菌力の強い水であり、強アルカリ水とはpHが11以上で還元力のある水です。どちらの水も殺菌消毒に、洗浄に大変に役立つものですが、欠点は生成水に塩分が含まれている為に、塩素臭が強かったり、保存期間が短かったり金属が腐食される等であり、この改良が懸案でありました。

弊社は独自の特許技術により、電解槽が2種類のイオン交換膜で仕切られた三室型電解装置の実用化に成功し、塩分を含まない電解水の生成を可能としました。本製法によると陽極室からは強力な殺菌力を示す次亜塩素酸を主成分とする電解水を生成し、陰極室からはカセイソーダを主成分とし、多量の水素ガスを含む電解水を生成します。当社技術による、この陽極水を「無塩次亜塩素酸水」と呼び、陰極水を「無塩アルカリ水」と呼びます。電解水の殺菌消毒能力や洗浄力は従来の電解水と同様ですが、塩素臭が非常に少なく、効力の保存性に優れ、ステンレスやアルミ等の金属腐食が少ない性能を持ちます。
また、電解質の種類や製造条件を変える事で殺菌力を変化させたり、農業に適した水酸化カリウムを主成分とした無塩アルカリ水を生成したり、pH値やORP値を独立に調整した電解水の生成ができます。

陽極水の性質 次亜塩素酸濃度 20~60ppm  pH =2.8 ~ 3.5
殺菌効力 細菌 大腸菌、O-157、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌は数秒単位で殺菌
ウイルス 新型鳥インフルエンザウイルス、ノロウイルス、HBV、HCV、HIVなど1分以内に不活化
カビ類 次亜塩素酸ナトリウムでは除去しにくい黒カビなどの除去可能
芽胞菌・炭ソ菌 時間を掛ければ除去可能
殺菌用途 食品関係 手指の洗浄消毒、野菜 魚 肉の洗浄殺菌、食器、調理器具の殺菌消毒
医療関係 院内感染予防対策として、手指洗浄、診察室、病室、ベッド、床、トイレの清掃、空中浮遊菌対策として電解水の空中散布、動物治療、内視鏡の消毒、リネン、タオル、手拭の消毒、厨房における食材消毒
医療以外 ハウス内無菌化農法、プリント配線の酸化皮膜除去、卵パッカー消毒
企業 施設 家庭で 新型鳥インフルエンザ、ノロウイルス対策に手指消毒 うがい
噴霧による室内の無菌化
陰極水の性質 pH>11
用途 油やたんぱく質の分解洗浄能力を生かした厨房やビル清掃
油及び洗剤を使わない金属の切削加工

ファインオキサー「無塩次亜塩素酸水」

薬用洗剤洗浄後
薬用洗剤洗浄後
「無塩次亜塩素酸水」洗浄後
「無塩次亜塩素酸水」洗浄後

一般細菌に対し、薬用洗剤による洗浄後と、ファインオキサー「無塩次亜塩素酸水」による洗浄後を比較した実験です。フードスタンプ実験7日間後の殺菌効果が確認されました。

(当社調べ)

Copyright © ヘルスサポートサンリ株式会社 All rights reserved.